みなさんは、お弁当を作ったことはありますか?
おいしくて、栄養バランスがよく、安心して食べられる お弁当を作るコツや注意点を、いっしょに見てみましょう。

 

バランスのよい お弁当を作るコツ

楽しみなお弁当も、成長に欠かせない大事な一食。

栄養バランスが整ったお弁当を、作ってみましょう。

お弁当箱に主食を半分、残りのスペースに、主菜を1/3、副菜を2/3つめると、エネルギーや栄養素をバランスよくとることができます。

 

●いろどり

赤・黄・緑・黒・白の5色を入れると、いろどり豊かでおいしそうな仕上がりに。

 

●好きな食べものを一品

好きなものがあれば食欲もわき、お弁当が楽しみに。

 

●つめ方

❶ごはん ❷大きなおかず ❸小さなおかずの順に入れると、つめやすい。
ウインナーなどの小さなおかずはすき間につめ、くずれやすいものはおかずカップなどに入れる。

 

食中毒を起こさない ための注意点

安心して食べるために、お弁当を作るときの注意点を確認しましょう。
手についた細菌が食材に移ったり、水分から細菌が発生したりするのを防ぐことが大切です。

  1. 調理前や、生肉や生魚などにふれた後は、しっかり手洗いする。
  2. お弁当箱、調理器具はよく洗って清潔に保つ。
  3. おにぎりは、ラップを使ってにぎる。
  4. 食材はきれいに洗い、野菜などのヘタは取る。
  5. おかずは汁気を切って、冷ましてからつめる。
  6. おはしを使っておかずをつめる。

 

〜手の洗い方〜

30秒間を目安に、よごれが残りやすいポイントを意識して洗おう!

  1. 時計などをはずし、まず水で洗う。
  2. 石けんをつけてよくあわ立てる。
  3. 手のこうをのばすようにこすって洗う。
  4. 指の間や手首の上までよく洗う。
  5. 指先やつめの間を念入りに洗う。
  6. 親指と手のひらをねじり洗いする。
  7. 流水でよく洗い流す。
  8. ペーパータオルなど清潔なものでふく。

 

お弁当作りのコツ

 


情報提供:札幌市保健福祉局保健所健康企画課