みんなが住む札幌市では、地球温暖化を防止するために、いろいろな対策をしているよ。

そのうちの1つ、〝札幌版次世代住宅〟って聞いたことはあるかな?

環境に配慮したエコな家のことなんだ。どんなエコなポイントがあるのか、いっしょに見てみよう!

札幌の暖房使用量は全国の約5倍!

札幌の冬はとっても寒いよね。

外が寒い分、家の中は暖かくして過ごしたいと思うもの。ストーブなどの暖房器具は、冬に欠かせないよね。

図1を見ると分かるように、札幌市内で出るCO2の量は、全国に比べて家庭から出る割合が高いんだ。

さらに、家庭で使われるエネルギーの中でも、暖房によるものが約半分もあるから、暖房の使用量は全国の約5倍なんだって!

CO2の排出量を減らすためには、暖房エネルギーを削減することがポイントになるんだ。

そこで、札幌市では、「札幌版次世代住宅」を提案しているよ。家を高断熱・高気密にして、省エネルギーの家にしようというもので、国の基準を上回る性能にしようとしているんだ。

札幌市では、このような家を増やすことで、2030年までに2012年に比べて1年間に出るCO2の量を約46万t減らすことを目指しているよ。

図2にあるように、トップランナーという一番高い基準をクリアした家では、年間の灯油の使用量をこれまでの約10分の1まで減らすことができるんだ。すごいよね!

認定住宅には性能表示ラベルを
性能表示ラベル

札幌市では省エネ性能を満たした家に認定証を出しているよ。

また、一定のレベル以上の家には、性能表示ラベルが渡されるんだ。性能表示ラベルがある家は、ひと目で地球にやさしい家だって分かるよね。

次世代住宅を建てる場合の補助金もあるので、おうちの人と札幌市のホームページをチェックしてみてね!

札幌版次世代住宅の特徴

高断熱・高気密の家は、少しのエネルギーで家全体を暖めることができるよ。

一度暖まると下がりにくいから、暖房もあまり使わなくてすむんだ。

地球にもお財布にもやさしい暮らしができるね!

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

 

○×クイズの答え

Q1. ✕ 寒い部屋をつくらないで、家全体を暖めた方がいいよ。

Q2. ○ 太陽の熱で家全体が暖まるんだ。

Q3. ○ 森を育てて、地球温暖化を防止するんだ。